上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)
昨日の夜わなんだか寂しくて眠れなかったから
珍しくメィル娘してました。
淳ちゃんわ途中で寝ちゃったみたいで、
チャラわ作業中だったから邪魔できなくて、
ゆみわいつものよーに返信激遅!!!!!爆
そしたらなんかむなしくなっちゃったから寝た(-ω-)-ω-*)
でもすっごい寂しかったから、ビスを毛布の中に入れてあげた。
朝起きてもまだ寂しんぼだあ↓↓↓
なんでだろ。

井の中の蛙ちゃんわ井の中から出て初めて大きな世界を知りました。
自分より大きな大きな生き物にいっぱい出会いました。
外の世界を見て、自分の世界のちっぽけさを感じました。
今までの自分が悲しく見えました。
それでも井の中の蛙ちゃんわ自分を信じて頑張ってみました。
井戸から見えた小さな空よりもずっと広い空を知りました。
井戸の壁より大きな木を知りました。
井戸の水よりキレイな水があることを知りました。
跳ねることの出来ないオタマジャクシっちわ
時々帰ってくる蛙ちゃんの話を聞いて
思いをはせて楽しみました。
オタマジャクシっちわ、どうせ僕らわ跳ねることができないなら
蛙ちゃんを応援して、
いっぱいいーっぱい色んな話を聞きたいと思いました。
蛙ちゃんが楽しそうに話すなら一緒に楽しみたいと思いました。
蛙ちゃんが悲しそうに話すなら一緒に悲しみたいと思いました。
オタマジャクシっちわ蛙ちゃんの安らぐ場所を作りたいと思ったの。
蛙ちゃんわ井戸から出て1人ぽっちになった訳じゃなかったの。
いつでも井戸に帰ればオタマジャクシっちが待ってたの。
オタマジャクシっちからすれば
蛙ちゃんの跳ねる才能わ尊い物だったの。
オタマジャクシっちわ蛙ちゃんをいつも応援してるからね。
蛙ちゃんが振り返ったら井戸にいつもいるからね。
まあこの話、
実際蛙とオタマジャクシ想像するとテラキモスだってうわさ笑〃

あー布重いにゃー
スポンサーサイト

[ 2006/03/27 07:51 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。