上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)
なんか無駄に欝拾っちゃった。めっちゃ久しぶりじゃない?とか言って隠してただけだけど。だってもう後悔しないと思ってた。死ぬほど悩んで死ぬほど苦しんで死ぬほど泣きながら選んだ道は間違いじゃないと思ってた。人がどうであれ自分が選択した道を恥じることはないと思えてた。流されて過ぎる時間を止めて自分で造っていきたかった。もう愚痴と涙しか出ない毎日は辞めたかった。だけどもしかして間違えた?変化が怖かっただけかな。あの決断の日からゆうは後ろを向かずに歩いてきてた、まだどこにもたどり着けてなかった、それでも信じて進んだんだよ、だから今はまだ振り向いちゃいけなかった、なのに振り向いちゃったから。後ろを向いてもね今まで歩いてきた足跡が見れると思った。けど足跡なんてなかったよ、振り向いた足のすぐそこからずっとずっと奥の奥の奥まで真っ暗だった、通りすぎた毎日は。あの日ゆうはずっとずっと後ろ向きだったあの頃を捨てたの。それから頑張って前に進めてると思ってた、だけどゆうは前を見て唇噛み締めただけ?そこで立ち止まったままだったのかも。流されてるのは今とあの頃どっちかなんてもう分かんないや。てか
いつか分かる日が来るの?なんか本当に無駄な欝だわーい。
スポンサーサイト

[ 2006/04/05 23:18 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。